コンブチャ口コミ調査隊
*
コンブチャ口コミ調査隊 > コンブチャクレンズの飲み方 > 妊娠中コンブチャクレンズの飲み方は?妊婦が太り過ぎないためのダイエット方法

妊娠中コンブチャクレンズの飲み方は?妊婦が太り過ぎないためのダイエット方法

コンブチャクレンズを試してみたいけれど、妊娠中に飲んでもよいのか不安に思っている人も多いようです。
確かに妊婦は自分が口にしたものがそのまま胎児に影響を及ぼすので心配かもしれません。実際にそのような問い合わせも多数寄せられています。

もちろん、コンブチャクレンズは無添加にこだわってつくられているため、妊娠中でも飲むことは可能です。
ただし、過度なダイエットはママ自身だけでなく子供にも悪影響を与えてしまうため、気を付けなければいけないこともあります。

妊婦が気になる体重の増加

妊娠中、妊婦さんが最も気にしているのは体重増加でしょう。
健診のたびに医師から注意されるのはもちろん、どんどん変化していく体を見て、産後、体型が元に戻るのか不安に思っている人も多いようです。

実は産後ダイエットがスムーズにいくかどうかは、妊娠中の体重管理にかかっていると言っても過言ではありません。

けれど、妊娠中にダイエットすることは難しいことから、出産までは仕方がないと諦めている人も少なくないのです。
確かに妊娠中のダイエットは危険を伴います。

妊娠中の体と体重増加によるリスク

妊娠中は大きくなる子宮を支えるため、骨盤が開きぎみになり、内臓が下がって、脂肪がつきやすい環境になります。

女性の体は男性に比べて筋肉が少ないため、脂肪がつきやすい傾向があり、妊娠中はその傾向がさらに高まるのです。

また、胎児の栄養源である糖質を母体に蓄えようとして脂肪が増加します。

胎盤や羊水などを考慮すると、現在、標準体重の女性では妊娠による体重増加は8kgほどに抑えるのが理想ですが、なかなか難しいのが現状です。

体重が増えることによって高まるリスクはいろいろあります。
最も多いのは高血圧、尿たんぱくなどの妊娠高血圧症候群ですが、心臓に負担がかかったり、産道に脂肪がついて赤ちゃんが通りにくくなるなど、出産にも悪影響を及ぼすのです。

妊娠中ダイエットの危険

体重が増えたからといって妊娠中にダイエットをすることは大変危険です。
もともと妊婦は赤ちゃんに十分な酸素や栄養素を届けるため、たくさんの血液が必要になります。

そのため、鉄分が不足して貧血になりやすいのです。
そんな時にダイエットをすると貧血を増長させ、嫌悪感や頭痛、めまいなどを招き、非常に危険です。
貧血以外にも妊娠中のダイエットの危険はいろいろあります。

胎児の発達障害

日に日に成長していく胎児にしっかりと栄養が行き届かないことで、胎児の発育が遅れることがあります。
これは「子宮内胎児発育遅延」という症状で胎児の発育が遅延したり、停止するものです。

切迫早産

妊娠21週目までは赤ちゃんが流産しかけていることを「切迫流産」といいますが、中期から後期になると「切迫早産」と呼ばれます。
ダイエットのために激しい運動などをすることでなりやすくなります。

低出生体重児

過激なダイエットにより、赤ちゃんに栄養が届かず、十分成長できずに低体重で生まれることがあります。
低出生体重児は、生活習慣病を発症する確率が高くなるので、子供の将来に関わります。

妊娠中の太り過ぎは注意!無理なダイエットは控えること

これまでご説明してきたとおり妊娠中はダイエットは慎重になる必要があります。
しかし太り過ぎは危険があることもご説明しました。
また、産後も体重が戻らずに次の妊娠・出産を迎えると妊娠糖尿用などのリスクも出てきてしまいます。

では、妊婦でも安心して体重をコントロールする方法はないのでしょうか?

必要な栄養素は摂らなければいけないし、かといって食事の取りすぎはカロリーオーバーの危険性がある。
そんなときに活用したいのは置き換えダイエットなどに使え、手軽に栄養補給できる酵素・酵母系ドリンクです。

コンブチャクレンズなら安心して飲める

コンブチャクレンズの原液

コンブチャクレンズは、モデルの山田優さんが産後すぐに見事なプロポーションを披露して話題になっていましたが、実は妊娠中からコンブチャクレンズを飲み続けていたことを公表しています。

添加物フリーで安心

コンブチャクレンズは合成甘味料、合成着色料、グルテン、ブドウ糖、増粘剤、合成アミノ酸がすべて無添加です。
妊娠中は、胎児への影響を常に考えながら口にするものを選ばなければなりません。
できれば添加物は摂りたくないので、添加物を使っていないコンブチャクレンズは安全性が高いので、妊婦でも安心して飲めます。

妊娠中の体重維持

妊娠初期にはつわりによる吐き気のため、一時的に体重が減る人が多いのですが、安定期から後期にかけては、食欲が増し、体重をコントロールするのが難しくなります。

1ヵ月に数キロずつ増加する人もおり、産婦人科の先生に注意を受けることも少なくありません。
また、体重増加を防ぎたくても、薬や胎児に悪影響がありそうなものは口にしたくありません。

そこで添加物フリー、アルコールフリー、さらに低カロリーでダイエット効果が期待できるコンブチャクレンズなら安心だというわけです。
もちろん、産後のダイエットにもおすすめです。

カフェインフリー

妊娠中は、カフェインを控えるようにするのが基本です。
カフェインはお茶やコーヒーに含まれる成分で、妊娠していなければ、ある程度は摂取しても特に問題はありません。

けれども、妊娠中は別。
妊婦は普段より多くのカルシウムを摂取すべきところですが、カフェインには尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまう性質があります。
せっかく摂取したカルシウムが体外に出て行ってしまうのです。

また、カフェインには鉄分の吸収を妨げる作用もあるため、貧血になりやすい妊婦には避けたい成分だといえるでしょう。

さらに、大量にカフェインを摂取すると、胎盤を通して胎児に送られてしまい、まだ肝臓が未発達な胎児はそれを排出しきれずに大きな負担となってしまいます。

それだけではなく、胎児の成長にも影響を及ぼし、発達障害を招いたり、最悪の場合は死産を引き起こすこともあるのです。

これは、カフェインが母体のアドレナリンを増加させ、血流を減らすことで、胎児に十分な酸素や栄養が送られなくなり、酸欠を起こすからだと考えられています。
しかし、コンブチャクレンズはカフェインフリーなので、妊娠中でも安心して飲むことができるのです。

血圧上昇を抑制

妊娠中はどうしても血圧が高くなりやすく、高齢出産の場合はなおさらその傾向が強くなります。
高血圧になるとむくみが強く表れ、ひどい場合には入院が必要になることもあるくらいです。

コンブチャクレンズには血圧の上昇をゆるやかにしてくれる「オーガニックアベガ」が含まれているので安心です。

便秘解消

コンブチャクレンズなら、5兆個の乳酸菌と2種類の酵母菌が生きたまま腸まで届くので、腸内フローラをよくして、便秘解消効果が期待できます。
薬が飲めない妊婦にこそ、安心して飲めるコンブチャクレンズがおすすめです。

コンブチャクレンズを上手に利用しよう

ここまで妊娠中のダイエットの注意点や、妊娠中のコンブチャクレンズの安全性を解説してきましたが、上手に利用することで妊娠中の体重増加を防ぐことができます。

上手く体重コントロールをして、産後に痩せやすいカラダをつくっておくようにしましょう。